CDumpContext

CDumpContext基本クラスがありません。

CDumpContextクラスの人間が判読できるテキスト形式でのストリーム指向の診断出力をサポートしています。AfxDump、あらかじめ宣言されたCDumpContextオブジェクトをダンプのほとんどを使用できます。AfxDumpオブジェクトを Microsoft Foundation クラス ライブラリのデバッグ バージョンでのみ利用可能です。

メモリ診断機能のいくつかの出力にafxDumpを使用します。

Windows 環境下では、 cerrストリームには、概念的には似て定義済みafxDumpオブジェクトからの出力、Windows 関数OutputDebugStringデバッガーにルーティングされます。

CDumpContextクラスがオーバー ロードされた挿入が (lt; <) は、オブジェクトのデータをダンプCObjectポインター演算子。派生オブジェクトは、カスタム ダンプ形式が必要な場合は、 CObject::Dumpをオーバーライドします。ほとんどの Mfc クラスは、オーバーライドされた実装メンバー関数のダンプ

CObject CTimeSpanCTimeCStringなどから派生していないクラスは、 CFileStatusCPointCRectなどの頻繁に使用される構造の場合とは、独自のオーバー ロードのCDumpContext挿入演算子、です。

あなたのクラスの実装では、 IMPLEMENT_DYNAMICまたはIMPLEMENT_SERIALマクロを使用する場合、 CObject::Dumpは、 CObjectの名前を印刷する-クラスを派生します。それ以外の場合、それを印刷します。CObject

CDumpContextクラス ライブラリのデバッグとリリースの両方のバージョンで利用可能ですが、メンバーのダンプ関数のデバッグ バージョンでのみ定義されています。#Ifdef _DEBUGを使用/ #endifステートメントをカスタムを含む、診断コードをブラケットにダンプのメンバー関数。

CDumpContextオブジェクトを作成する前に、ダンプの出力先として機能するCFileオブジェクトを作成する必要があります。

CDumpContextの詳細についてを参照してください デバッグ サポートを MFCVisual の C++ プログラマのガイド

#define _DEBUG

#include lt;afx.h>

クラス メンバーの |nbsp;階層図(&N)

参照特価;CFileCObject(&N)

Index