CDumpContext::operator lt; & lt;

CDumpContextamp; 演算子 << ( const CObject ※ 出生地 );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 << ( const CObject & ・ オブ ・ );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 << ( LPCTSTR lpsz );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 << ( const void ※ lp );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 <<( BYTE by );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 <<( WORD w );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 << ( DWORD dw );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 <<( int n );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 << ( ダブル d );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 <<( float f );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 <<( LONG l );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 <<( UINT u );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 << ( LPCWSTR lpsz );
スロー ( CFileException );

CDumpContextamp; 演算子 << ( LPCSTR lpsz );
スロー ( CFileException );

戻り値

CDumpContext参照。戻り値を使用して、必要をソース コードの 1 行で複数の挿入を書くことができます。

解説

指定したデータをダンプ コンテキストに出力します。

挿入演算子は、 CObjectポインターも最もプリミティブ型のオーバー ロードされます。文字へのポインターは、文字列の内容のダンプの結果;voidへのポインターだけのアドレスの 16 進ダンプの結果します。

IMPLEMENT_DYNAMICを使用またはIMPLEMENT_SERIALマクロをクラス、 CObject::Dump、を介して、挿入演算子の実装では、 CObjectの名前を印刷する場合-クラスを派生します。それ以外の場合、印刷される CObject 。クラスのDump関数をオーバーライドする場合は、オブジェクトの内容を 16 進ダンプの代わりに、有効な出力を提供することができます。

//example CDumpContext::operator lt; の <extern CObList 李;CString s =「テスト」;int I = 7;lo 長い = 1000000000L;afxDump <<「リスト =「<< & 李 <<」文字列 ="<< s <<「int =「<< は << ="長い"<< lo <<"\n"

CDumpContext 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index