CDumpContext::CDumpContext

CDumpContext ( CFile ※ pFile );
スロー ( CMemoryException、 CFileException );

パラメーター

pFile

ダンプの出力先のCFileオブジェクトへのポインター。

解説

CDumpContextクラスのオブジェクトを構築します。AfxDumpオブジェクトが自動的に構築されます。

ダンプ コンテキストがアクティブな間に基になるCFileを記述しないでください。それ以外の場合にダンプが妨害されます。Windows 環境では、出力 Windows 関数OutputDebugStringデバッガーにルーティングされます。

CDumpContext::CDumpContext の//exampleCFile f;場合 (! f.Open (「dump.txt」の CFile::modeCreate |CFile::modeWrite)) {特価;afxDump <<」ファイルを開くことができません「<<"\n";(1) を終了;}CDumpContext dc (f)

CDumpContext 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index