CDocument::SetPathName

仮想 void SetPathName ( LPCTSTR lpszPathName, BOOL bAddToMRU = TRUE );

パラメーター

lpszPathName

パスとして、ドキュメントで使用する文字列へのポインター。

bAddToMRU

ファイル名に追加されるかどうか、最近 (MRU) ファイル使用の一覧を決定します。True の場合、ファイル名に追加されている場合;FALSEではないかどうか追加。

解説

ドキュメントのディスク ファイルの完全修飾パスを指定するには、この関数を呼び出します。BAddToMRUの値によって、パスを追加、または、アプリケーションによって管理する MRU リストに追加されません。いくつかのドキュメントがディスク ファイルに関連付けられていないことに注意してください。のみを開くと、フレームワークによって使用されるファイルを保存の既定の実装をオーバーライドしている場合にこの関数を呼び出す。

CDocument 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDocument::GetPathNameCWinApp::AddToRecentFileList(&N)

Index