CDocument::ReleaseFile

仮想 void ReleaseFile (CFile ※ pFile、BOOL bAbort );

パラメーター

pFile

解放する CFile オブジェクトへのポインター。

bAbort

ファイルCFile::CloseまたはCFile::Abortのいずれかを使用してリリースされるかどうかを指定します。ファイルのCFile::Closeを使用してリリースされる場合FALSE ;ファイルCFile::Abortを使用してリリースされる場合はtrue を設定します。

解説

このメンバー関数は、他のアプリケーションで使用できること、ファイルを解放するため、フレームワークによって呼び出されます。BAbortTRUEの場合は、 ReleaseFileの呼び出しCFile::Abort、およびファイルは released.nbsp です。CFile::Abort例外はスローされません。(&N)。

BAbortFALSEの場合は、 CFile::Close ReleaseFileを呼び出すし、ファイルを解放。

ファイルを解放する前に、ユーザーによる操作を必要とするのには、この関数をオーバーライドします。

CDocument 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDocTemplateCFile::CloseCFile::Abort(&N)

Index