CDocument::GetNextView

仮想 CView ※ GetNextView ( POSITIONamp; rPosition ) const;(&A)

戻り値

RPositionで指定されるビューへのポインター。

パラメーター

rPosition

位置の値への参照はメンバー関数、 GetNextViewまたはGetFirstViewPositionは、以前の呼び出しによって返されます。この値をNULLにする必要がありますできません。

解説

すべてのドキュメントのビューを反復処理するには、この関数を呼び出します。関数rPositionによって指定されるビューを返し、 rPositionリスト内の次のビューの位置の値を設定します。取得したビューがリストの最後の場合は、 rPositionNULLに設定されています。

//この例で CDocument::GetFirstViewPosition//とそれぞれのビューを再ペイントする GetNextView。void CMyDoc::OnRepaintAllViews(){特価;位置 pos = GetFirstViewPosition();中 (pos! = NULL){CView ※ pView = GetNextView(pos);pView - > UpdateWindow();}?? 
}・同じ結果を達成するために簡単な方法を呼び出すには//UpdateAllViews(NULL)


CDocument 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDocument::AddViewCDocument::GetFirstViewPositionCDocument::RemoveViewCDocument::UpdateAllViews(&N)

Index