CDocTemplate::SetServerInfo

void SetServerInfo ( UINT nIDOleEmbedding, UINT nIDOleInPlaceServer = 0, CRuntimeClass ※ pOleFrameClass = NULL CRuntimeClass ※ pOleViewClass = NULL );

パラメーター

nIDOleEmbedding

埋め込みオブジェクトを別のウィンドウで開いたときに使用するリソースの ID。

nIDOleInPlaceServer

埋め込みオブジェクトが使用するリソースの ID インプレース アクティブ化。

pOleFrameClass

インプレース アクティブ化が発生したときに作成されたフレーム ウィンドウ オブジェクトのクラス情報を持つ CRuntimeClass構造体へのポインター。

pOleViewClass

インプレース アクティブ化が発生したときに作成、ビュー オブジェクトのクラス情報を持つ CRuntimeClass構造体へのポインター。

解説

ユーザーが埋め込みオブジェクトのアクティベーションを要求するときは、サーバー アプリケーションで使用されるリソースを識別するためにこのメンバー関数を呼び出します。これらのリソースには、メニューとアクセラレータ テーブルで構成されます。この関数は通常、 initinstance 関数のアプリケーションで呼び出されます。

NIDOleInPlaceServerに関連付けられているメニューがマージする、サーバー メニューとコンテナーのメニューの区切り記号が含まれています。サーバー メニューとコンテナー メニューのマージの詳細については、資料を参照してください メニューとリソース (OLE)Visual の C++ プログラマのガイド

CDocTemplate 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CMultiDocTemplate::CMultiDocTemplateCDocTemplate::SetContainerInfoCWinApp::InitInstance(&N)

Index