CDocTemplate::MatchDocType

仮想自信 MatchDocType (LPCTSTR lpszPathName、CDocument ※ amp;rpDocMatch );(&A)

仮想自信 MatchDocType (LPCTSTR lpszPathName、DWORD dwFileType、CDocument ※ amp;rpDocMatch );(&A)

戻り値

次のように定義されている、信頼列挙からの値:

enum の信頼{特価;noAttempt、maybeAttemptForeign、maybeAttemptNative、yesAttemptForeign、yesAttemptNative、yesAlreadyOpen}(&N);

パラメーター

lpszPathName

型を決定するファイルのパス名。

rpDocMatch

LpszPathNameで指定されたファイルがすでにある場合は、一致するドキュメントに割り当てられたドキュメントへのポインターを開く。

dwFileType

ドキュメント (Macintosh のみ) の種類。

解説

この関数を使用して、ファイルを開くために使用するドキュメント テンプレートのタイプを決定します。アプリケーションが複数のファイルの種類をサポートしている場合は、たとえば、この関数は利用可能なドキュメント テンプレートのテンプレートごとに、 MatchDocTypeを呼び出すと、返される信頼度の値に従ってテンプレートを選択して特定のファイルの適切なか使用することができます。

LpszPathNameで指定されたファイルが既に開いている場合は、この関数はCDocTemplate::yesAlreadyOpenを返し、 rpDocMatchオブジェクトに指定したファイルのCdocumentオブジェクトをコピー。

ファイルが開かれていないが、 lpszPathNameCDocTemplate::filterExtで指定された拡張子と一致する (または Macintosh ファイルの種類と一致する) 場合、この関数はCDocTemplate::yesAttemptNativeを返し、 rpDocMatchNULLに設定します。CDocTemplate::filterExtの詳細についてを参照してくださいCDocTemplate::GetDocString

どちらのケースが true の場合は、この関数はCDocTemplate::yesAttemptForeignを返します。

既定の実装では、 CDocTemplate::maybeAttemptForeignまたはCDocTemplate::maybeAttemptNativeは返されません。おそらくConfidence列挙からのこれらの 2 つの値を使用して、アプリケーションに適切な型一致ロジックを実装するには、この関数をオーバーライドします。

CDocTemplate 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDocTemplate::GetDocString(&N)

Index