CDocTemplate::GetDocString

仮想 BOOL GetDocString ( CStringamp; rString, 列挙型 DocStringIndex インデックス ) const;(&A)

戻り値

指定した部分文字列が見つかりませんでしたそうでなければ 0。

パラメーター

rString

関数から戻るときは、文字列を含むCStringオブジェクトへの参照。

インデックス

ドキュメントの種類を表す文字列から取得されている部分文字列のインデックス。このパラメーターは、次の値のいずれかを持つことができます。:

解説

ドキュメントの種類を示す特定の部分を取得するには、この関数を呼び出します。これらの部分文字列を含む文字列は、ドキュメント テンプレートに格納され、アプリケーションのリソース ファイルで文字列から派生されます。フレームワークは、アプリケーションのユーザー インターフェイスを必要がある文字列を取得するには、この関数を呼び出します。アプリケーションのドキュメントのファイル名の拡張子を指定した場合、フレームワークも、Windows 登録データベースにエントリを追加すると呼び出します;これは、Windows ファイル マネージャーから開くドキュメントことができます。

のみCDocTemplateから独自のクラスを派生する場合、この関数を呼び出す。

CDocTemplate 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CMultiDocTemplate::CMultiDocTemplateCSingleDocTemplate::CSingleDocTemplateCWinApp::RegisterShellFileTypes(&N)

Index