CDocTemplate::CDocTemplate

CDocTemplate (UINT nIDResourceCRuntimeClass ※ pDocClassCRuntimeClass ※ pFrameClassCRuntimeClass ※ pViewClass );

パラメーター

nIDResource

ドキュメント型で使用するリソースの ID を指定します。これは、メニューのアイコン、アクセラレータ テーブル、文字列リソースを含めることができます。

文字列リソース '\n' 文字で区切られた最大 7 つの部分で構成されます (部分文字列が含まれていない場合 '\n' 文字をプレース ホルダーとして必要です) ただし、末尾の '\n' 文字が必要ありません;これらの部分文字列は、ドキュメントの種類について説明します。部分文字列については、 GetDocStringを参照してください。この文字列リソースは、アプリケーションのリソース ファイルであります。たとえば:

//MYCALC。RC破棄できる持つ STRINGTABLE プリロード開始特価;IDR_SHEETTYPE「\nSheet\nWorksheet\nWorksheets (*.myc)\n.myc\n MyCalcSheet\nMyCalc ワークシート」終了(&N)

文字列は、'\n' で始まることに注意してください。これは、最初の部分文字列が MDI アプリケーションでは使用されませんので含まれていないためにです。文字列エディターを使用してこの文字列を編集することができます;文字列全体として 1 つのエントリが文字列エディターで、ない 7 つの独立したエントリとして表示されます。

これらのリソースの種類の詳細については、 Visual の C++ ユーザーのガイドを参照してください。

pDocClass

ドキュメント クラスのCRuntimeClassオブジェクトへのポインター。このクラスはCDocumentです-あなたの定義、ドキュメントを表すクラスの派生。

pFrameClass

フレーム ウィンドウ クラスのCRuntimeClassオブジェクトへのポインター。このクラスはcframewnd クラスをすることができます-派生クラス、または、メイン フレーム ウィンドウの既定の動作をする場合は、 cframewnd クラス自体をすることができます。

pViewClass

ビュー クラスのCRuntimeClassオブジェクトへのポインター。このクラスはCViewです-あなたの定義、ドキュメントを表示するクラスの派生。

解説

CDocTemplateオブジェクトを構築するのにには、このメンバー関数を使用します。動的に、 CDocTemplateオブジェクトを割り当て、 CWinApp::AddDocTemplateから渡す、 InitInstance 、アプリケーション クラスのメンバー関数。

CDocTemplate 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDocTemplate::GetDocStringCWinApp::AddDocTemplateCWinApp::InitInstanceCRuntimeClass(&N)

Index