CDockState

CDockStateは、ロード、アンロード、または永続的なメモリ (ファイル) に 1 つ以上のドッキング コントロール バーの状態をクリアするシリアル化されたCObjectクラスです。ドッキング状態には、サイズ、位置、バーのドッキングされているかどうかが含まれます。状態保存の取得をドッキングするとき、 CDockStateはバーのチェックの位置し、バーは、現在の画面設定で表示されていない場合は、 CDockStateはバーのスケールが表示されている位置します。CDockStateの主な目的は、コントロール バーの数の全体の状態を保持し、その状態を保存するにし、レジストリに、アプリケーションのいずれかを読み込みます。INI ファイル、またはCArchiveオブジェクトの内容の一部としてバイナリ形式で。

バーは、バー、ツールバー、ステータス バー、またはダイアログ バーを含む任意のドッキング可能なコントロールをすることができます。CDockStateオブジェクトとするまたは、 CArchiveオブジェクトを使ってファイルから読み取る。

CFrameWnd::GetDockStateは、フレーム ウィンドウのすべてのCControlBarオブジェクトの状態情報を取得し、 CDockStateオブジェクトに置きます。[ストレージSerializeまたはCDockState::SaveStateCDockStateオブジェクトの内容を書くことができます。後に、フレーム ウィンドウのコントロール バーの状態を復元するには、 SerializeCDockState::LoadState状態をロードし、 CFrameWnd::SetDockStateを使用して、保存された状態をフレーム ウィンドウのコントロール バーに適用するには。

コントロール バーをドッキングの詳細についてを参照してください バーのコントロールのトピック ツールバー: ドッキングとフローティング、および Visual の C++ プログラマのガイドフレーム ウィンドウについてのトピック

#include lt;afxadv.h>

クラス メンバーの |nbsp;基本クラス|階層図(&N)

Index