CDialogBar::Create

BOOL の作成 ( CWnd ※ pParentWnd, LPCTSTR lpszTemplateName, UINT nStyle, UINT nID );

BOOL の作成 ( CWnd ※ pParentWnd, UINT nIDTemplate, UINT nStyle, UINT nID );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

pParentWnd

CWndオブジェクトへのポインター。

lpszTemplateName

CDialogBarオブジェクトのダイアログ ボックス リソース テンプレートの名前へのポインター。

nStyle

ダイアログ バーの配置スタイル。次のスタイルがサポートされています:

nID

ダイアログ バーのコントロール ID。

nIDTemplate

CDialogBarオブジェクトのダイアログ ボックス テンプレートのリソース ID。

解説

LpszTemplateNameまたはnIDTemplateで指定したダイアログ ボックス リソース テンプレートを読み込みます、ダイアログ バーのウィンドウを作成、そのスタイルを設定し、それをCDialogBarオブジェクトに関連付けます。

CBRS_TOPまたはCBRS_BOTTOMの配置スタイルを指定する場合は、ダイアログ バーの幅、フレーム ウィンドウの高さはnIDTemplateによって指定されたリソースのです。CBRS_LEFTまたはCBRS_RIGHTの配置スタイルを指定する場合は、ダイアログ バーの高さ、フレーム ウィンドウとその幅のnIDTemplateによって指定されたリソースのです。

CDialogBar 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDialogBar::CDialogBar(&N)

Index