CDialog::CreateIndirect

BOOL CreateIndirect (LPCDLGTEMPLATE lpDialogTemplateCWnd ※ pParentWnd = NULL);

BOOL CreateIndirect (HGLOBAL hDialogTemplate,CWnd ※ pParentWnd = NULL);

戻り値

以外の場合は、ダイアログ ボックスを作成し、正常に初期化;そうでなければ 0。

パラメーター

lpDialogTemplate

ダイアログ ボックスを作成するために使用するダイアログ ボックス テンプレートを含むメモリへのポインター。このテンプレートのフォームでは、 DLGTEMPLATE構造と制御情報。この構造の詳細については、Win32 SDK のマニュアルを参照してください。

pParentWnd

ダイアログ オブジェクトの親のウィンドウ オブジェクト ( CWnd型) へのポインター。NULLの場合は、ダイアログ オブジェクトの親ウィンドウは、メイン アプリケーション ウィンドウに設定されています。

hDialogTemplate

ダイアログ ボックス テンプレートを含むグローバル ・ メモリへのハンドルが含まれています。このテンプレートは、 DLGTEMPLATE構造とデータ] ダイアログ ボックスの各コントロールをフォームにです。

解説

メモリ内のダイアログ ボックス テンプレートからモードレス ダイアログ ボックスを作成するにはこのメンバー関数を呼び出す。

すぐに、ダイアログ ボックスを作成した後、 CreateIndirectメンバー関数を返します。

親ウィンドウが作成されると、ダイアログ ボックスを表示する場合は、ダイアログ ボックス テンプレートでWS_VISIBLEスタイルを使用します。それ以外の場合、それを表示させるには、 ShowWindowを呼び出す必要があります。テンプレートに他のダイアログ ボックスのスタイルを指定する方法の詳細についてを参照してください、 DLGTEMPLATE構造、Win32 SDK ドキュメントで。

CWnd::DestroyWindow関数を使用して、 CreateIndirect関数によって作成されたダイアログ ボックスを破棄するには。

CDialog 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDialog::CDialogCWnd::DestroyWindowCDialog::Create :: CreateDialogIndirect(&N)

Index