CDC::StartDoc

int StartDoc ( LPDOCINFO lpDocInfo );

戻り値

メモリ不足か、無効なポート仕様のようなエラーがある場合、値-1 が発生します。それ以外の場合は正の値。

パラメーター

lpDocInfo

ポイントは ドキュメント ファイルの名前と、出力ファイルの名前を含む名を持つ DOCINFO構造体。

解説

新しい印刷ジョブを開始デバイス ドライバーと、 EndDoc呼び出しが発生するまでStartPage先頭へのすべての呼び出し、同じ仕事の下でスプールする必要がありますを通知します。これは、ドキュメントの 1 ページ以上がほかのジョブに散在ないことを保証します。

Windows 3.1 以降のバージョンの場合は、この関数はSTARTDOCプリンター エスケープを置き換えられます。この関数を使用してドキュメントの 1 ページ以上を含む他の印刷ジョブに混在しないよう保証します。

StartDocメタファイルの内部使用できません。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::EscapeCDC::EndDocCDC::AbortDoc(&N)

Index