CDC::SetTextJustification

int SetTextJustification ( int nBreakExtra, int nBreakCount );

戻り値

1 つの関数が成功した場合。そうでなければ 0。

パラメーター

nBreakExtra

テキスト (論理単位) の行を追加するスペースの総量を指定します。現在のマップ モードがMM_TEXTでない場合は、このパラメーターで指定された値、現在のマップ モードに変換され、最も近いデバイス単位に丸められます。

nBreakCount

行の区切り文字の数を指定します。

解説

文字列の区切り文字にスペースを追加します。アプリケーションでは、 GetTextMetricsメンバー関数を使用して、フォントの区切り文字を取得できます。

SetTextJustification関数が呼び出された後、( TextOut) などのテキスト出力関数の呼び出しに指定した余分なスペース区切り文字の指定した数の間で均等に配布します。改行文字は通常、スペース文字 (ASCII 32) がいくつか他の文字としてフォントを定義可能性があります。

GetTextExtentメンバー関数は、 SetTextJustificationで通常使用されます。GetTextExtent配置の前に指定された行の幅を計算します。アプリケーションは、 nBreakExtraパラメーターの値を減算することによって指定するにはどのくらいのスペースGetTextExtentによって、文字列の幅から配置後返されるを確認できます。

SetTextJustification関数は、複数の実行で別のフォントを含む行を配置する使用できます。この場合、行は段階的な部分整列と各実行個別に書面で作成する必要があります。

配置の間に丸め誤差が発生することができますので、システムは、現在のエラーを定義する誤差項目を保持します。複数の実行を含む行を整列する際に、 GetTextExtentは自動的にとき、次の実行の程度を計算このエラーという用語を使用します。これは、テキスト出力関数は、エラー、新しい実行にブレンドすることができます。

それぞれの行が配置された後は、次の行に持ち込まれることを防止するこの誤差項目をオフにします。用語をオフするには、 SetTextJustification nBreakExtraを 0 に設定を呼び出して。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::GetMapModeCDC::GetTextExtentCDC::GetTextMetricsCDC::SetMapModeCDC::TextOut :: SetTextJustification(&N)

Index