CDC::SetStretchBltMode

int SetStretchBltMode ( int nStretchMode );

戻り値

直前の伸縮モード。それSTRETCH_ANDSCANSSTRETCH_DELETESCANS、またはSTRETCH_ORSCANSすることができます。

パラメーター

nStretchMode

伸縮モードを指定します。それは、次の値のいずれかをすることができます。:

説明
BLACKONWHITE 削除および既存のピクセルのカラー値を使用して、ブール演算 AND 操作を実行します。ビットマップがモノクロ ビットマップの場合は、黒のピクセルの白いピクセルを犠牲にこのモードを保持します。
COLORONCOLOR ピクセルを削除します。このモードの情報を保存しようとすることがなくすべて削除線のピクセルを削除します。
ハーフトーン ピクセルは、元の四角形から転送先四角形内のピクセルのブロックにマップします。元のピクセルの色の平均カラーのピクセルのターゲット ブロック上の近似します。
ストレッチ モードハーフトーンの設定後、アプリケーションは、Win32 関数を呼び出す必要があります :: SetBrushOrgExブラシの原点を設定します。これを行うに失敗した場合は、ブラシの不整列が発生しました。
STRETCH_ANDSCANS Windows 95: BLACKONWHITEと同じ
STRETCH_DELETESCANS Windows 95: COLORONCOLORと同じ
STRETCH_HALFTONE Windows 95:ハーフトーンと同じ。
STRETCH_ORSCANS Windows 95: WHITEONBLACKと同じ
WHITEONBLACK 削除および既存のピクセルのカラー値を使用して、ブール型の OR 操作を実行します。ビットマップがモノクロ ビットマップの場合は、このモードを白のピクセルの黒のピクセルを犠牲に保持します。

解説

ビットマップ伸縮モードは、 StretchBltメンバー関数を設定します。ビットマップ伸縮モード関数を使用して圧縮されたビットマップからの情報の削除方法を定義します。

BLACKONWHITE (STRETCH_ANDSCANS) とWHITEONBLACK (STRETCH_ORSCANS) モードは、通常前景のピクセルでモノクロ ビットマップを維持するために使用されます。COLORONCOLOR (STRETCH_DELETESCANS) モードは、通常色ビットマップのカラーを維持するために使用されます。

ハーフトーンモードでは、ソース イメージ、その他の 3 つのモードより多くの処理が必要です。他の人よりも、低速ですが、高品質の画像が生成されます。ブラシのずれを回避するには、ハーフトーンモードを設定した後SetBrushOrgExを呼び出す必要があることにも注意してください。

追加のストレッチ モード デバイス ドライバーの機能によっても可能性があります。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::GetStretchBltModeCDC::StretchBlt :: SetStretchBltMode(&N)

Index