CDC::SetMapModenbsp(&N);

仮想 int SetMapMode ( int nMapMode );

戻り値

直前のマップ モード。

パラメーター

nMapMode

新しいマップ モードを指定します。それは、次の値のいずれかをすることができます。:

MM_ANISOTROPIC特価;論理ユニットは任意スケーリングの軸の任意の単位に変換されます。MM_ANISOTROPICマッピング モードを設定しても、現在のウィンドウまたはビューポートの設定は変更されません。単位を変更するには、方向、およびスケーリング、 SetWindowExtSetViewportExtコール のメンバー関数(&N)。

解説

マッピング モードを設定します。マッピング モードの論理単位をデバイス単位に変換するために使用する測定単位を定義します。また、デバイスの x 軸および y 軸の方向を定義します。GDI では、マッピング モードを使用して論理座標を適切なデバイス座標に変換します。MM_TEXTモード デバイス ピクセル単位で動作するアプリケーションは、1 単位は 1 ピクセルにことができます。1 ピクセルの物理的なサイズは、デバイスによって異なります。

MM_HIENGLISHMM_HIMETRICMM_LOENGLISHMM_LOMETRICMM_TWIPSモードは、物理的に意味のある単位 (インチまたはミリメートル) などで描画する必要がありますアプリケーションの場合に役立ちます。MM_ISOTROPICモードは、イメージの正確な形状を維持が重要な場合は役立ちますは 1:1、縦横比を保証します。MM_ANISOTROPICモード、x 座標と y 独立して調整する座標が可能します。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::SetViewportExtCDC::SetWindowExt :: SetMapMode(&N)

Index