CDC::SetBoundsRectnbsp(&N);

UINT SetBoundsRect ( LPCRECT lpRectBounds, UINT フラグ );

戻り値

関数が成功した場合、四角の現在の状態。フラグのように、戻り値、 DCB_値の組み合わせをすることができます。:

パラメーター

lpRectBounds

外接する四角形を設定するために使用するCRectオブジェクトをRECT構造体へのポインター。四角形の大きさは、論理座標で与えられています。このパラメーターをNULLにすることができます。

フラグ

新しい四角形が蓄積された四角形と組み合わされます。このパラメーターは、次の値の組み合わせをすることができます。:

解説

指定されたデバイス コンテキストの外接する四角形についての蓄積を制御します。

Windows は、すべての描画操作の外接する四角形を維持できます。この四角形は、照会およびによってアプリケーションをリセットできます。描画の境界にビットマップのキャッシュを無効にするため役立ちます。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::GetBoundsRect :: SetBoundsRectRECTCRect(&N)

Index