CDC::SetAbortProcnbsp(&N);

int SetAbortProc ( BOOL ( コールバック エクスポート ※ lpfn ) ( HDC、 int );

戻り値

SetAbortProc関数の結果を指定します。次の値のいくつか他の人よりありそうです。 が、すべてが可能です。

パラメーター

lpfn

アボート プロシージャとしてをインストールするには、abort 関数へのポインター。詳細については、コールバック関数は、コールバック関数が CDC::SetAbortProcを参照してください。

解説

印刷ジョブのアボート プロシージャをインストールします。

アプリケーションをスプール中にキャンセルする印刷ジョブを許可する場合は、 StartDocメンバー関数を使って印刷ジョブの開始前に、アボート関数を設定する必要があります。印刷マネージャーは、スプール中の印刷ジョブをキャンセルするか外のディスク領域の条件を処理するアプリケーションを許可するアボート関数を呼び出します。アボート関数が設定されていない場合は、十分なディスク領域をスプールの場合、印刷ジョブは失敗します。

Microsoft Visual C の機能がSetAbortProcに渡されるコールバック関数の作成を簡素化することに注意してください。EnumObjectsメンバー関数に渡されたアドレス__declspec(dllexport)と呼び出し規約_ _stdcallがエクスポートされた関数へのポインターであります。

また、アプリケーションのモジュール定義ファイルのEXPORTSステートメントで関数名をエクスポートする必要はありません。エクスポート関数修飾子を代わりに使用することができます。

BOOL コールバック エクスポートAFunction ( HDCint );

エクスポートの正しいエクスポート レコード名エイリアスなしで出力するコンパイラが発生します。これはほとんどのニーズに動作します。序数またはエイリアスのエクスポート関数をエクスポートするなど、いくつかの特殊なケースはまだ、モジュール定義ファイルのEXPORTSステートメントを使用する必要があります。

コールバック登録インターフェイスはタイプ セーフな (右側のような特定のコールバック関数を指す関数ポインタを渡す必要があります)。

すべてのコールバック関数コールバックの境界を越えて例外をスローできないので、Windows に戻る前に Mfc 例外をトラップする必要がありますも注意してください。例外の詳細情報を参照してください Visual の C++ プログラマのガイド例外

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index