CDC::SelectObjectnbsp(&N);

CPen ※ SelectObject ( CPen ※ pPen );

CBrush ※ SelectObject ( CBrush ※ pBrush );

仮想 CFont ※ SelectObject ( CFont ※ pFont );

CBitmap ※ SelectObject ( CBitmap ※ pBitmap );

int SelectObject ( CRgn ※ pRgn );

戻り値

置き換えられるオブジェクトへのポインター。これは 1 つの形式によって決まる CGdiObjectCPenバージョンの関数の使用に応じてなどから派生したクラスのオブジェクトへのポインターです。エラーがある場合は、 NULLが返されます。この関数は、ポインターを一時オブジェクトに返すことがあります。この一時オブジェクトは、1 つの Windows メッセージの処理中にのみ有効です。詳細についてを参照してくださいCGdiObject::FromHandle

領域のパラメーターを受け取り、メンバー関数のバージョンは、 SelectClipRgnメンバー関数と同じタスクを実行します。戻り値は、次のいずれかをすることができます。:

パラメーター

pPen

選択するCPenオブジェクトへのポインター。

pBrush

選択するCBrushオブジェクトへのポインター。

pFont

選択するCFontオブジェクトへのポインター。

pBitmap

選択するCBitmapオブジェクトへのポインター。

pRgn

選択するCRgnオブジェクトへのポインター。

解説

オブジェクトがデバイス コンテキストに選択します。CDCクラスは 5 つのバージョンの GDI オブジェクト、ペン、ブラシ、フォント、ビットマップ、領域などの特定の種類の専門を提供します。前のオブジェクトが同じ型の新しく選択したオブジェクトを置き換えます。PObject SelectObjectの一般的なバージョンのCPenオブジェクトを指す場合は、たとえば、関数は現在のペンpObjectによって指定されたペンで置き換えます。

アプリケーションがビットマップ メモリ デバイス コンテキストにだけと 1 つだけのメモリ デバイス コンテキストに、時に選択できます。ビットマップの形式はモノクロまたは互換性のあるデバイス コンテキストのいずれかする必要があります;それではない場合は、 SelectObjectはエラーを返します。

メタファイルを使用するかどうか Windows 3.1 と後に、 SelectObject関数が同じ値を返します。メタファイルに使用されたとき以前のバージョンの Windows では、 SelectObject成功の 0 以外の値と 0 を返す。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CGdiObject::DeleteObjectCGdiObject::FromHandleCDC::SelectClipRgnCDC::SelectPalette :: SelectObject(&N)

Index