CDC::SelectClipRgnnbsp(&N);

仮想 int SelectClipRgn ( CRgn ※ pRgn );

int SelectClipRgn ( CRgn ※ pRgn, int nMode );

戻り値

領域の種類。それは、次の値のいずれかをすることができます。:

パラメーター

pRgn

選択する領域を識別します。

nMode

実行する操作を指定します。それが次の値のいずれかをする必要があります。:

解説

デバイス コンテキストの現在のクリッピング領域として指定された領域を選択します。選択した領域のコピーのみが使用されます。領域自体を任意の数の他のデバイス コンテキストの選択できるまたはそれを削除することができます。

関数で指定された領域の座標はデバイス単位で指定されていることを前提としています。いくつかのプリンター デバイス テキスト メトリックを表現するために必要な精度を保持するためより高い解像度グラフィックス出力テキスト出力をサポートします。これらのデバイスは高解像度のデバイス単位、テキスト単位で報告します。いくつかのデバイス単位のマップのみ 1 のグラフィック単位に報告するようにこれらのデバイスは、グラフィックスの座標をスケールします。常にテキスト単位を使用して、 SelectClipRgn関数を呼び出す必要があります。

GDI でグラフィックス オブジェクトのスケーリングを行う必要がありますアプリケーションでは、 GETSCALINGFACTORプリンター エスケープを使用して、スケール ファクターを決めることができます。この倍率クリップに影響を与えます。グラフィックをクリップする領域を使用する場合、GDI はスケーリング係数座標を分割します。テキストをクリップする領域を使用する場合、GDI はスケーリングによる補正を行いません。倍率 1 の 2 によって分割する座標が;スケール ファクターは 2 で 4 分割する座標が;などなど。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::GetClipBoxCDC::EscapeCRgn :: SelectClipRgn (&N)

Index