CDC::ScrollDCnbsp(&N);

BOOL ScrollDC ( int dx, int dy, LPCRECT lpRectScroll, LPCRECT lpRectClip, CRgn ※ pRgnUpdate, LPRECT lpRectUpdate );

戻り値

スクロールを実行そうでなければ 0。

パラメーター

dx

水平スクロールの単位数を指定します。

dy

垂直スクロールの単位数を指定します。

lpRectScroll

RECT構造体または、スクロールする四角形の座標を含むCRectオブジェクトへのポインター。

lpRectClip

RECT構造体またはクリッピング四角形の座標を含むCRectオブジェクトへのポインター。この四角形が 1 つにlpRectScrollが指摘した、オリジナルよりも小さい場合、スクロール、小さい四角形でのみ発生します。

pRgnUpdate

明らかに、スクロールのプロセスによって、地域を識別します。ScrollDC関数では、この地域を定義します。それは必ずしも四角形ではないです。

lpRectUpdate

RECT構造体またはスクロールの更新領域に外接する四角形の座標を受け取るCRectオブジェクトへのポインター。これは、再描画を必要とする最大の四角形の領域です。構造体または関数から戻るときのオブジェクトの値を指定のデバイス コンテキストのマップ モードに関係なく、クライアント座標でください。

解説

ビットの四角形を水平方向および垂直方向にスクロールします。

LpRectUpdateNULLの場合、Windows は更新四角形を計算されません。PRgnUpdatelpRectUpdateの両方がNULL場合は、Windows で更新領域が計算されません。PRgnUpdateNULLでない場合、Windows は (、 ScrollDCメンバー関数が定義されている)、処理によって明らかに地域への有効なポインターが含まれていることを前提とします。必要に応じてCWnd::InvalidateRgnlpRectUpdateで返される、更新領域を渡すことができます。

ウィンドウの全体のクライアント領域をスクロールする必要がある場合、アプリケーションはCWndクラスのScrollWindowメンバー関数を使用します。それ以外の場合はScrollDCを使用する必要があります。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CWnd::InvalidateRgnCWnd::ScrollWindow :: ScrollDCCRgnRECTCRect(&N)

Index