CDC::RestoreDCnbsp(&N);

仮想 BOOL RestoreDC ( int nSavedDC );

戻り値

指定したコンテキストが復元されたそうでなければ 0。

パラメーター

nSavedDC

復元するには、デバイス コンテキストを指定します。それは前のSaveDC関数呼び出しによって返される値をすることができます。NSavedDCが-1 の場合は、最後に保存されたデバイス コンテキストを復元します。

解説

デバイス コンテキストをnSavedDCで識別される前の状態に復元します。RestoreDCデバイス コンテキストSaveDCメンバー関数への呼び出しによって作成されたスタック状態情報復元します。

スタックのいくつかのデバイス コンテキストの状態情報を含めることができます。NSavedDCで指定されたコンテキスト、スタックの一番上にない場合、 RestoreDC nSavedDCと、スタックの一番上で指定されたデバイス コンテキスト間のすべての状態情報を削除します。削除された情報は失われます。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::SaveDC :: RestoreDC(&N)

Index