CDC::QueryAbortnbsp(&N);

BOOL QueryAbort ( ) const;

戻り値

印刷を続行する場合、またはアボート プロシージャがない場合、戻り値は 0 以外の値です。印刷ジョブを終了する必要がある場合は 0 です。戻り値はアボート関数によって提供されます。

解説

印刷アプリケーションのSetAbortProcメンバー関数によって、印刷が終了するかどうかをインストールをアボート関数を呼び出し。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::SetAbortProc(&N)

Index