CDC::Pienbsp(&N);

BOOL Pie( int x1, int y1, int x2, int y2, int x3, int y3, int x4, int y4 );

BOOL円 (LPCRECTlpRectptStartptEnd);

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

x 1

(論理単位) の外接する四角形の左上隅の x 座標を指定します。

y1

(論理単位) の外接する四角形の左上隅の y 座標を指定します。

x 2

(論理単位) 外接する四角形の右下隅の x 座標を指定します。

y2

(論理単位) 外接する四角形の右下隅の y 座標を指定します。

x 3

X 座標 (論理単位) で円弧の始点を指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

y3

Y 座標 (論理単位) で円弧の始点を指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

x 4

X 座標 (論理単位) で円弧のエンドポイントを指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

y4

Y 座標 (論理単位) で円弧のエンドポイントを指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

lpRect

外接する四角形を指定します。RECT構造体をこのパラメーターには、 CRectオブジェクトまたはポインターを渡すことができます。

ptStart

円弧の開始点を指定します。この点は、正確に円弧のうそはありません。POINT構造体またはCPointオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

ptEnd

円弧の終点を指定します。この点は、正確に円弧のうそはありません。POINT構造体またはCPointオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

解説

中心と 2 つのエンドポイントは線で参加している楕円の円弧を描画することによって、扇形を描画します。円弧の中心 (またはlpRect) x 1, y1 x 2、およびy2で指定された外接する四角形の中心です。円弧の開始と終了ポイントx 3y3 x 4、およびy4 ( ptStartptEnd) に指定されています。

円弧は反時計回りに移動、選択したペンで描画されます。2 つの追加の行は、各エンドポイントから円弧の中心に描画されます。扇形領域は、現在のブラシで塗りつぶされます。X 3 x 4に等しい、 y3y4と等しい場合は、楕円が楕円の中心からポイント (x 3y3) または (x 4, y4) になります。

この関数で描画される図まで拡張しますが、右下隅の座標は含まれていません。つまり、図の高さはy2 - y1図の幅x 2 - x 1だとします。両方の幅と外接する四角形の高さは 2 単位より大きく、32,767 より小さい単位する必要があります。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::Chord :: パイRECTポイントCRect CPoint(&N)

Index