CDC::PatBltnbsp(&N);

BOOL PatBlt ( int x, int y, int nWidth, int パラメーター nHeight, DWORDdwRop );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

x

パターンを受け取る四角形の左上隅の論理 x 座標を指定します。

y

パターンを受け取る四角形の左上隅の論理 y 座標を指定します。

nWidth

パターンを受け取る四角形の幅 (論理単位)。

パラメーター nHeight

(論理単位) をパターンを受け取る四角形の高さを指定します。

dwRop

ラスター オペレーション コードを指定します。ラスター オペレーション コード (Rop) は、どのように GDI、現在のブラシ、転送元のビットマップ、転送先のビットマップを含む出力操作の色を組み合わせて定義します。このパラメーターは、次の値のいずれかをすることができます。:

解説

ビット パターン上のデバイスを作成します。パターンは、選択したブラシと、デバイス上の既存のパターンの組み合わせです。DwRopで指定されたラスター オペレーション コード、パターンを組み合わせることと通信する方法を定義します。この関数を表示、ラスター操作、フル 256 の三項ラスター オペレーション コードの限定されたサブセットです。特に、ソースへの参照、ラスター オペレーション コードは使用できません。

すべてのデバイス コンテキストが PatBlt関数をサポートします。デバイス コンテキストがPatBltをサポートしているかどうかを確認するには、 GetDeviceCaps関数インデックスとは、 RASTERCAPSを呼び出すし、戻り値は、 RC_BITBLTフラグを確認。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::GetDeviceCaps :: PatBlt(&N)

Index