CDC::LPtoDPnbsp(&N);

void LPtoDP ( LPPOINT lpPoints, int nCount = 1 const;

void LPtoDP ( LPRECT lpRect const;

void LPtoDP ( LPSIZE lpSize const;

パラメーター

lpPoints

点の配列へのポインター。ポイントの構造またはCPointオブジェクトの配列内の各ポイントであります。

nCount

配列内の点の数。

lpRect

RECT構造体またはCRectオブジェクトへのポインター。このパラメーターを使用して、四角形から論理デバイス単位にマッピングの一般的な場合。

lpSize

SIZE構造体またはCSizeオブジェクトへのポインター。

解説

Lun デバイス単位に変換します。関数は、それぞれの点の座標やサイズ、GDI の論理座標システム デバイス座標系にマップします。変換は、現在のマップ モードと起源の設定と、デバイスのウィンドウとビューポートのエクステントによって異なります。

ポイントの x 座標と y 座標は-32,768 〜 32,767 の 2 バイト符号付き整数です。マッピング モードでこれらの制限よりも大きい値になる場合は、システム値-32,768 および 32,767 にそれぞれ設定します。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::DPtoLPCDC::HIMETRICtoLP :: LPtoDPCDC::GetWindowOrgCDC::GetWindowExt(&N)

Index