CDC::GetGlyphOutlinenbsp(&N);

DWORD GetGlyphOutline ( UINT nChar, UINT nFormat, LPGLYPHMETRICS lpgm, DWORD cbBuffer, LPVOID lpBuffer, const MAT2 まで ※ lpmat2 const;

戻り値

CbBuffer 0 またはlpBufferNULLである場合、取得した情報を必要なバッファーのバイト単位のサイズ。エラーがある場合それ以外の場合、それは、関数が成功した場合に正の値または-1 です。

パラメーター

nChar

情報は返される文字を指定します。

nFormat

関数が情報を返す形式を指定します。次の値の 1 つまたは 0 にすることができます。:

意味
GGO_BITMAP グリフのビットマップを返します。関数が戻るとき、 lpBufferで指すバッファーにはダブルワード境界上の行を持つを開始、ピクセルあたり 1 ビットのビットマップが含まれています。
GGO_NATIVE 曲線データ ポイント デバイス単位を使用して、ラスタライザーのネイティブ形式で返します。この値が指定されている場合は、 lpmat2で指定された変換は無視されます。

NFormatの値が 0 の場合は、関数の入力、 GLYPHMETRICS構造グリフ アウトライン データを返さないが。

lpgm

文字セル内のグリフの配置を記述するGLYPHMETRICS構造体へのポインター。

cbBuffer

関数が、アウトライン文字についての情報をコピー バッファーのサイズを指定します。この値が 0、 nFormatパラメーターがGGO_BITMAPまたはGGO_NATIVEのいずれかの値の場合に必要なバッファーのサイズを返します。

lpBuffer

関数が、アウトライン文字についての情報をコピー バッファーへのポインター。NFormat GGO_NATIVE値を指定する場合は、 TTPOLYGONHEADERTTPOLYCURVEの構造の形式で情報がコピーされます。この値はNULLですnFormatが、 GGO_BITMAPまたはGGO_NATIVEのいずれかの値の場合に、必要なバッファーのサイズを返します。

lpmat2

ポイントは 、文字の変換行列を含むMAT2構造。GGO_NATIVEnFormatを指定した場合このパラメーターはNULLにすることはできません。

解説

アウトライン曲線またはビットマップを現在のフォントのアウトライン文字を取得します。

アプリケーションがビットマップ形式では、 lpmat2で指す構造の 2 × 2 の変換行列を指定して取得した文字回転できます。

グリフのアウトラインは、輪郭のシリーズとして返されます。各輪郭で定義されている、 TTPOLYGONHEADER構造にそれを記述するために必要とされる多くのTTPOLYCURVE構造で。すべてのポイントとして返される POINTFX構造体と表す絶対位置は、相対的な移動。PfxStartメンバーで指定した開始点、 TTPOLYGONHEADER構造を輪郭の概要を開始ポイントです。 ポリライン レコードまたはスプライン レコードに従ってTTPOLYCURVE構造ができます。ポリラインのレコードは、一連のポイントは;間のポイントを描画線、文字の概要について説明します。TrueType (つまり、二次 b-スプライン) でを使用、2 次曲線のスプライン レコードを表す。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::GetOutlineTextMetrics :: GetGlyphOutline GLYPHMETRICS TTPOLYGONHEADER TTPOLYCURVE(&N)

Index