CDC::ExtTextOut

仮想BOOLExtTextOut (intx,inty,UINTnOptions,LPCRECTlpRect,LPCTSTRlpszString,UINTnCount,LPINTlpDxWidths);

BOOL ExtTextOut (int xint y、UINT nOptions、LPCRECT lpRect、const CStringamp;strLPINTlpDxWidths );(&A)

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

x

指定した文字列の文字セルの最初の文字の論理 x 座標を指定します。

y

指定した文字列の文字セルの最初の文字の上の論理 y 座標を指定します。

nOptions

四角形の種類を指定します。このパラメーターが 1 つ、両方、または次の値のどちらもすることができます。:

lpRect

四角形の寸法を決定するRECT構造体へのポインター。このパラメーターをNULLにすることができます。このパラメーター CRectオブジェクトを渡すこともできます。

lpszString

描画される、指定した文字列へのポインター。また、 CStringオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

nCount

文字列の文字数を指定します。

lpDxWidths

隣接する文字のセルの間の距離を示す値の配列へのポインター。たとえば、 lpDxWidths[I] 論理ユニット文字セル文字セル+ 1 の起源を区切る。LpDxWidthsNULLの場合は、 ExtTextOut文字間隔は、デフォルトを使用します。

str

特価;描画するには、指定の文字が含まれているCStringオブジェクトを返します(&N)。

解説

現在選択されているフォントを使用して、四角形の領域内に文字列を記述するにはこのメンバー関数を呼び出します。四角形の領域 (は現在の背景色で満ちている)、不透明なことができ、それをクリッピングすることができます。

NOptions 0 ですlpRectNULLの場合は、四角形の領域を使用せず、関数テキストをデバイス コンテキストに書き込みます。既定では、現在の位置をいない使用または関数によって更新。アプリケーションがExtTextOutを呼び出すと、現在の位置を更新する必要がある場合は、アプリケーションはnFlagsTA_UPDATECPを設定とCDCメンバー関数SetTextAlignを呼び出すことができます。このフラグが設定されている場合は、Windows xおよびy ExtTextOutへの後続の呼び出しは無視され、現在位置を代わりに使用します。アプリケーションでTA_UPDATECPを使用して、現在の位置を更新するときは、 ExtTextOut現在の位置は、前の行のテキストの末尾にまたはlpDxWidthsが指す配列の最後の要素で指定された位置に設定します、どちらか大きい方。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::SetTextAlignCDC::TabbedTextOutCDC::TextOutCDC::GetBkColorCDC::SetBkColorCDC::SetTextColor :: ExtTextOutRECT(&N)

Index