CDC::ExtFloodFillnbsp(&N);

BOOL ExtFloodFill ( int x, int y, COLORREF crColor, UINT nFillType );

戻り値

関数が成功した特定のポイント ( FLOODFILLBORDERが要求された場合は) crColorで、指定した境界の色を特定のポイント ( FLOODFILLSURFACEが要求された場合は) crColorで、指定した色があるない場合、または、ポイントがクリッピング領域の外の場合が、充填、完了できなかった場合それ以外の場合は 0。

パラメーター

x

塗りつぶしを開始点の論理 x 座標を指定します。

y

塗りつぶしを開始点の論理 y 座標を指定します。

crColor

塗りつぶされる領域の境界の色を指定します。CrColorの解釈をnFillTypeの値に依存します。

nFillType

実行する塗りつぶしの種類を指定します。それは、次の値のいずれかをする必要があります。:

解説

ディスプレイ表面の領域は、現在のブラシで塗りつぶします。NFillTypeで、塗りつぶしの種類を指定することができますので、このメンバー関数FloodFillよりも柔軟性を提供します。

NFillTypeFLOODFILLBORDERに設定されている場合は、領域はcrColorで指定した色で完全に区切られると見なされます。関数がxyで指定された時点で開始し、すべての方向、色境界で塗りつぶします。

NFillTypeFLOODFILLSURFACEに設定されている場合は、関数はxyで指定された時点で開始、 crColorで指定された色を含むすべての隣接する領域を入力、すべての方向に続く。

メモリ デバイス コンテキストとラスター表示技法をサポートするデバイスのだけが extfloodfill します。詳細については、 GetDeviceCaps関数を参照してください。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::FloodFillCDC::GetDeviceCaps :: ExtFloodFill(&N)

Index