CDC::EnumObjectsnbsp(&N);

int EnumObjects ( int nObjectType, int ( コールバック エクスポート ※ lpfn ) ( LPVOID、 LPARAM )、 LPARAM 指定されて );

戻り値

コールバック関数によって返される最後の値を指定します。その意味ユーザー defined.nbsp です。(&N);

パラメーター

nObjectType

オブジェクトの種類を指定します。それはOBJ_BRUSHまたはOBJ_PENの値を持つことができます。

lpfn

アプリケーション指定のコールバック関数のプロシージャ インスタンス アドレスです。下記の「解説」セクションを参照してください。

指定されて

アプリケーション提供のデータへのポインター。データ オブジェクト情報と共にコールバック関数に渡される。

解説

ペンを列挙し、デバイス コンテキストで使用可能なブラシします。指定した型のオブジェクトごとに、そのオブジェクトの情報を渡す、コールバック関数が呼び出されます。システム オブジェクトまたはコールバック関数は 0 を返しますまでコールバック関数を呼び出します。

Microsoft Visual C の新機能をEnumObjectsに渡された関数として、通常の関数を使用できることに注意してください。EnumObjectsに渡されたアドレスはエクスポートと、Pascal 呼び出し規約でエクスポートされた関数へのポインターです。保護モードのアプリケーションでは、Windows では、この関数を作成する必要はありません MakeProcInstance関数または関数を使用した後無料、 FreeProcInstance Windows 関数。

また、アプリケーションのモジュール定義ファイルのEXPORTSステートメントで関数名をエクスポートする必要はありません。エクスポート関数修飾子を代わりに使用することができます。

int コールバックをエクスポートAFunction( LPSTRLPSTR );

エクスポートの正しいエクスポート レコード名エイリアスなしで出力するコンパイラが発生します。これはほとんどのニーズに動作します。序数またはエイリアスのエクスポート関数をエクスポートするなど、いくつかの特殊なケースはまだ、モジュール定義ファイルのEXPORTSステートメントを使用する必要があります。

Mfc プログラムをコンパイルするため、通常、/GA と/GEs コンパイラ オプションを使用します。/Gw コンパイラ オプションは、Microsoft Foundation クラスでは使用されません。(Windows 関数MakeProcInstanceを使用して場合、 FARPROCから返された関数ポインターをこの API に必要な型を明示的にキャストする必要があります。)コールバック登録インターフェイスはタイプ セーフな (右側のような特定のコールバック関数を指す関数ポインタを渡す必要があります)。

すべてのコールバック関数コールバックの境界を越えて例外をスローできないので、Windows に戻る前に Mfc 例外をトラップする必要がありますも注意してください。例外の詳細情報を参照してください Visual の C++ プログラマのガイド例外

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価; ::EnumObjects(&N)

Index