CDC::DrawTextnbsp(&N);

仮想 int DrawText ( LPCTSTR lpszString, int nCount, LPRECT lpRect, UINT nFormat );

int DrawText (const CStringamp;strLPRECTlpRectUINTnFormat );(&A)

戻り値

関数が成功すると、テキストの高さ。

パラメーター

lpszString

描画する文字列へのポインター。NCountが-1 の場合は、文字列は null にする必要があります。

nCount

文字数の文字列を指定します。NCountが-1 の場合は、[ lpszStringへの long ポインターを null で終わる文字列とDrawTextに文字数を自動的に計算するもの。

lpRect

テキスト書式設定するのには、四角形 (論理座標) CRectオブジェクトをRECT構造体へのポインター。

str

特価;描画するには、指定の文字が含まれているCStringオブジェクトを返します(&N)。

nFormat

テキストを書式設定する方法を指定します。それは、次の値 (ビットごとの OR 演算子を使用して結合) の任意の組み合わせをすることができます。:

Notenbsp;DT_CALCRECTDT_EXTERNALLEADINGDT_INTERNALDT_NOCLIPDT_NOPREFIXの値は、 DT_TABSTOP値を使用できません。(&N)。

解説

指定した四角形内のテキストの書式を設定するにはこのメンバー関数を呼び出します。タブ揃え、左、右、適切なスペース、または、指定した四角形の中心に拡大してテキスト内で指定された四角形に合わせて行を分割してテキストを書式設定します。書式の種類がnFormatで指定されています。

このメンバー関数は、デバイス コンテキストの選択したフォント、テキスト色、および背景色を使用して、テキストを描画します。DT_NOCLIPフォーマットを使用しない限り、 DrawTextはテキストが、指定された四角形の外側を表示されないようにテキストをクリップします。すべての書式、 DT_SINGLELINEの形式が指定されない限り、複数の行があると見なされます。

指定した四角形を選択したフォントが大きすぎる場合は、 DrawTextメンバー関数はより小さいフォントを置き換えるしようとしません。

DT_CALCRECTフラグが指定されている場合は、 lpRectで指定された四角形の幅と高さ、テキストの描画に必要なを反映するように更新されます。

( CDC::SetTextAlignを参照)、 TA_UPDATECPテキスト配置フラグが設定されている場合は、 DrawText四角形の左ではなく、現在の位置からテキストが表示されます。DrawTextはないラップ テキストTA_UPDATECPフラグが設定されている場合 (つまり、 DT_WORDBREAKフラグは影響しません)。

CDC::SetTextColorでのテキストの色を設定できます。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::SetTextColorCDC::ExtTextOutCDC::TabbedTextOutCDC::TextOut :: DrawTextRECT, CDC::SetTextAlign(&N)

Index