CDC::DrawState

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズ、HBITMAP hBitmap、UINT nFlags、HBRUSH hBrush = NULL);

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズCBitmap ※ pBitmap、UINT nFlagsCBrush ※ pBrush = NULL);

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズ、HICON hIcon、UINT nFlags、HBRUSH hBrush = NULL);

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズ、HICON hIcon、UINT nFlagsCBrush ※ pBrush = NULL);

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズ、LPCTSTR lpszText、UINT nFlags、BOOL bPrefixText true の場合、int を = = nTextLen = 0、HBRUSH hBrush = NULL);

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズ、LPCTSTR lpszText、UINT nFlags、BOOL bPrefixText true の場合、int を = = nTextLen = 0、CBrush ※ pBrush = NULL);

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズ、DRAWSTATEPROC lpDrawProc、LPARAM lData、UINT nFlags、HBRUSH hBrush = NULL);

BOOL DrawState (CPoint pt、CSize サイズ、DRAWSTATEPROC lpDrawProc、LPARAM lData、UINT nFlagsCBrush ※ pBrush = NULL);

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

pt

イメージの場所を指定します。

サイズ

イメージのサイズを指定します。

hBitmap

ビットマップへのハンドル。

nFlags

イメージの種類と状態を指定するフラグ。可能なnFlagsの種類および状態についての解説を参照してください。

hBrush

ブラシへのハンドル。

pBitmap

Cbitmap オブジェクトへのポインター。

pBrush

Cbrush オブジェクトへのポインター。

hIcon

アイコンへのハンドル。

lpszText

テキストへのポインター。

bPrefixText

アクセラレータ ニーモニックを持つテキスト。LDataパラメーターは、文字列のアドレスを指定し、 nTextLenパラメーターの長さを指定します。NTextLenが 0 の場合は、null で終了する文字列が見なされます。

nTextLen

LpszText.nbsp によって、文字列の長さが指す;NTextLenが 0 の場合は、null で終了する文字列が見なされます(&N)。

lpDrawProc

イメージをレンダリングするために使用するコールバック関数へのポインター。NFlagsのイメージ型がDST_COMPLEXの場合、このパラメーターは必須です。それはオプションで、イメージの種類がDST_TEXTの場合はNULLにすることができます。他のすべての種類の画像には、このパラメーターは無視されます。コールバック関数の詳細についてを参照してください、 :: DrawStateProc関数は、 Win32 SDK プログラマーズ リファレンス

lData

イメージに関する情報を指定します。このパラメーターの意味は、イメージのタイプによって異なります。

解説

イメージを表示し、無効などの状態または既定の状態を示す、視覚効果を適用するにはこのメンバー関数を呼び出す。

パラメーター nFlagを次の値のいずれかに設定できます。:

パラメーター nFlagの状態が次の値の 1 つをすることができます。:

特価;視覚効果を適用する前にDSS_NORMAL以外のすべてのnFlag状態は、イメージがモノクロに変換されます。(&N)。

Windows API のDrawStateの詳細についてを参照してください :: DrawStateは、 Win32 SDK プログラマーズ リファレンス

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価; ::DrawState, ::DrawStateProc(&N)

Index