CDC::DrawEdge

BOOL DrawEdge (LPRECT lpRect、UINT nEdge、UINT nFlags );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

lpRect

四角形の論理座標を含むRECT構造体へのポインター。

nEdge

内側と外側のエッジを描画の種類を指定します。このパラメーターは、1 つの内部境界線フラグと 1 つの外側の境界線のフラグの組み合わせにする必要があります。パラメーターの型の解説はテーブルを参照してください。

nFlags

描画される境界線の種類を指定するフラグ。パラメーターの値のテーブルについては、「解説を参照してください。:

解説

指定した種類とスタイルの四角形の端を描画するにはこのメンバー関数を呼び出す。

内側と外側の境界線のフラグのとおりです。:

NEdgeパラメーターは、1 つの内側と外側の境界線の 1 つのフラグの組み合わせをする必要があります。NEdgeパラメーターは、次のフラグのいずれかを指定できます。:

NFlagsパラメーターの型は次のとおりです。:

対角線、 BF_RECTフラグ指定する四角形のパラメーターで、ベクトルの端点。

Windows API のDrawEdgeの詳細についてを参照してください :: DrawEdgeは、 Win32 SDK プログラマーズ リファレンス

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価; ::DrawEdge(&N)

Index