CDC::DrawDragRect

DrawDragRect は無効 (LPCRECT lpRect、サイズサイズ、LPCRECT lpRectLast、サイズ sizeLastCBrush ※ pBrush NULL、CBrush ※ = pBrushLast = NULL);

パラメーター

lpRect

RECT構造体または四角形の論理座標を指定するCRectオブジェクトに ? この場合は、再描画される四角形の終了位置。

サイズ

外側の境界線の左上隅の四角形の内側の境界線 (枠線の太さ) の左上隅から変位を指定します。

lpRectLast

RECT構造体または四角形の位置の論理座標を指定するCRectオブジェクトに ? この場合は、再描画される四角形の元の位置。

sizeLast

再描画元の四角形の内側の境界線 (枠線の太さ) の左上に外側の境界線の左上隅から変位を指定します。

pBrush

ブラシ オブジェクトへのポインター。既定のハーフトーン ブラシを使用してNULLに設定します。

pBrushLast

使用する最後のブラシ オブジェクトへのポインター。既定のハーフトーン ブラシを使用してNULLに設定します。

解説

繰り返しドラッグ四角形を再描画するにはこのメンバー関数を呼び出します。視覚的なフィードバックを与えるためにマウスの位置をサンプルとしてそれをループで呼び出します。DrawDragRectを呼び出すと、前の四角形を消去し、新しいものを描画します。たとえば、ユーザーが画面上で四角形をドラッグすると、 DrawDragRect元の四角形を消去し、新しい 1 つを新しい位置に再描画します。既定では、 DrawDragRectは四角形をちらつきを除去して、スムーズに移動の四角形の外観を作成するには、ハーフトーンのブラシを使用して描画します。

DrawDragRectを呼び出し、最初の時間、 lpRectLastパラメーターをNULLにする必要があります。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;RECTCRectCDC::GetHalftoneBrush(&N)

Index