CDC::DeleteDCnbsp(&N);

仮想 BOOL DeleteDC ( );

戻り値

関数を正常に完了そうでなければ 0。

解説

一般に、この関数を呼び出すことはありません;デストラクターを行います。DeleteDC関数はm_hDCを現在のCDCオブジェクトに関連付けられている Windows デバイス コンテキストを削除します。このCDCオブジェクトが、最後のデバイス コンテキストの特定のデバイスの場合は、デバイスが通知され、デバイスによって使用されるストレージ ・ システムのすべてのリソースが解放されます。

オブジェクトがデバイス コンテキストに選択されている場合、アプリケーションではDeleteDCは呼び出さないでください。オブジェクトを選択する必要があります最初の前にデバイス コンテキストが削除されます。

アプリケーションは、 CWnd::GetDCを呼び出してハンドルを取得したデバイス コンテキストを削除する必要があります。代わりに、デバイス コンテキストを解放するには、 CWnd::ReleaseDCを呼び出す必要があります。この機能をラップするCClientDCCWindowDCクラスが用意されています。

CreateDCCreateIC、またはCreateCompatibleDCで作成したデバイス コンテキストを削除する、 DeleteDC関数を用いる。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::CDC :: DeleteDCCDC::CreateDCCDC::CreateICCDC::CreateCompatibleDCCWnd::GetDCCWnd::ReleaseDC(&N)

Index