CDC::CreateDCnbsp(&N);

仮想 BOOL CreateDC ( LPCTSTR lpszDriverName, LPCTSTR lpszDeviceName, LPCTSTR lpszOutput, const void ※ lpInitData );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

lpszDriverName

(拡張子なし) デバイス ドライバー (たとえば、「エプソン」) のファイル名を指定する null で終わる文字列へのポインター。また、 CStringオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

lpszDeviceName

サポートするには、特定のデバイス (たとえば、「エプソン FX-80」) 名前を指定する null で終わる文字列へのポインター。モジュールが 1 つ以上のデバイスをサポートしている場合、 lpszDeviceNameパラメーターが使用されます。また、 CStringオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

lpszOutput

物理的な出力媒体 (ファイルまたは出力ポート) をファイルまたはデバイスの名前を指定する null で終わる文字列へのポインター。また、 CStringオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

lpInitData

デバイス ドライバーのデバイス固有の初期化データを含む、 DEVMODE構造体へのポインター。Windows DocumentProperties関数では、対象のデバイスでいっぱいこの構造体を取得します。デバイス ドライバーのコントロール パネルからユーザーが指定した既定の初期化 (もしあれば) を使用する場合、lpinitdataNULLにする必要があります。

解説

指定したデバイスのデバイス コンテキストを作成します。

印刷。DEVMODE構造体を使用する場合 H ヘッダー ファイルが必要です。

デバイス名にはこれらの規則に従ってください: 終了のコロン (:) 推奨は省略できます。コロンで終わるデバイス名は、同じ名前、コロンなしと同じポートがマップされるように、Windows 終了のコロンを削除します。ドライバーとポート名は、先頭または末尾にスペースを含めないでください。情報コンテキストを GDI 出力関数は使用できません。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価; :: DocumentProperties :: CreateDCCDC::DeleteDCCDC::CreateIC(&N)

Index