CDC::Chordnbsp(&N);

BOOL Chord( int x1, int y1, int x2, int y2, int x3, int y3, int x4, int y4 );

BOOL 弦 ( LPCRECT lpRect, ポイント ptStart, ポイント ptEnd );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

x 1

(論理単位)、弦の外接する四角形の左上隅の x 座標を指定します。

y1

(論理単位)、弦の外接する四角形の左上隅の y 座標を指定します。

x 2

(論理単位)、弦の外接する四角形の右下隅の x 座標を指定します。

y2

(論理単位)、弦の外接する四角形の右下隅の y 座標を指定します。

x 3

弦ポイントの x 座標 (論理単位) の始点します。

y3

弦ポイントの y 座標 (論理単位) の始点します。

x 4

弦のエンドポイント (論理単位) を定義する point の x 座標を指定します。

y4

弦の終点 (論理単位) ポイントの y 座標を指定します。

lpRect

四角 (論理単位) を指定します。LPRECTまたはこのパラメーター CRectオブジェクトを渡すことができます。

ptStart

弦ポイントの x 座標と y 座標の開始点 (論理単位) を指定します。この点は、正確に弦をうそはありません。POINT構造体またはCPointオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

ptEnd

弦の終点 (論理単位) を定義する point の x 座標と y 座標を指定します。この点は、正確に弦をうそはありません。POINT構造体またはCPointオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

解説

弦 (楕円と線分の交差によって囲まれた、閉じた図形) を描画します。(X 1, y1) と (x 2, y2) パラメーターを指定する左上隅と右下コーナーで、それぞれ、弦の部分は、楕円を囲む四角形の。(X 3y3) と (x 4, y4) パラメーターが楕円と交わる線の端点を指定します。弦を選択したペンで描画し、選択したブラシで塗りつぶされます。

Chord関数を使って描画図まで拡張されますが、右下隅の座標は含まれません。つまり、図の高さy2 - y1だと、図の幅x 2 - x 1

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::Arc, ::Chord, POINT(&N)

Index