CDC::BitBltnbsp(&N);

BOOL BitBlt( int x, int y, int nWidth, int nHeight, CDC* pSrcDC, int xSrc, int ySrc, DWORD dwRop );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

x

転送先四角形の左上隅の論理 x 座標を指定します。

y

転送先四角形の左上隅の論理 y 座標を指定します。

nWidth

転送先四角形と転送元ビットマップの幅 (論理単位)。

パラメーター nHeight

(論理単位) 先の四角形と転送元ビットマップの高さを指定します。

pSrcDC

ビットマップのコピー元デバイス コンテキストを識別するCDCオブジェクトへのポインター。DwRopでソースを含まないラスター オペレーションを指定する場合はNULLにする必要があります。

現在の xSrc

ソース ビットマップの左上隅の論理 x 座標を指定します。

ySrc

ソース ビットマップの左上隅の論理 y 座標を指定します。

dwRop

実行するには、ラスター オペレーションを指定します。ラスター オペレーション コードは、どのように GDI、現在のブラシ、転送元のビットマップ、転送先のビットマップを含む出力操作の色を組み合わせて定義します。DwRopとその説明を次のリスト ラスター オペレーション コード:

ラスター オペレーション コードの完全な一覧についてを参照してください [付録] セクションで、 Win32 SDK programmer's Referenceラスター オペレーション コードについて

解説

元のデバイス コンテキストから現在のデバイス コンテキストにビットマップをコピーします。

アプリケーションには、windows またはバイト境界の四角形にBitBlt操作が発生することを確認するには、バイト境界上のクライアント領域を揃えることができます。( CS_BYTEALIGNWINDOWまたはCS_BYTEALIGNCLIENTフラグを設定します。 ウィンドウ クラスを登録する場合)

バイト境界の四角形にBitBlt操作はバイト整列されていない四角形にBitBlt操作よりもかなり高速です。バイト-配置デバイス コンテキストなどのクラス スタイルを指定する場合は、ウィンドウ クラスを登録する必要がありますを行うには、Microsoft Foundation クラスに依存するのではなく。グローバル関数AfxRegisterWndClassを使用します。

GDI では、元のデバイス コンテキストを使用して、 nWidthパラメーター nHeight先のデバイス コンテキストを使用して 1 回、1 回を変換します。結果のエクステントが一致しない場合は、GDI Windows StretchBlt関数を使用して、圧縮または必要としてソース ビットマップを拡大するには。

デスティネーション、ソース、およびパターン ビットマップ、同じカラー フォーマットを持っていない場合は、 BitBlt関数は、先に一致するソースおよびパターン ビットマップを変換します。転送先ビットマップの前景色と背景色に変換されます。

BitBlt関数がモノクロ ビットマップをカラーに変換すると、白のビット (1) を背景色と黒のビット (0) を前景色に設定します。転送先デバイス コンテキストの前景色と背景色が使用されます。色を白黒に変換するには、 BitBlt背景色を白に一致するピクセルを設定し、他のすべてのピクセルを黒に設定します。BitBlt色のデバイス コンテキストの前景色と背景色を使用してカラーからモノクロに変換するには。

すべてのデバイス コンテキストがbitblt 関数をサポートことに注意してください。指定されたデバイス コンテキストがbitblt 関数をサポートしてかどうかを確認するには、 GetDeviceCaps関数を使用して、 RASTERCAPSのインデックスを指定。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::GetDeviceCapscdc::patbltCDC::SetTextColorCDC::StretchBlt :: StretchDIBits :: BitBlt(&N)

Index