CDC::ArcTo

BOOL ArcTo( int x1, int y1, int x2, int y2, int x3, int y3, int x4, int y4 );

BOOL ArcTo ( LPCRECT lpRect, ポイント ptStart, ポイント ptEnd );

戻り値

関数が成功したそうでなければ 0。

パラメーター

x 1

(論理単位) の外接する四角形の左上隅の x 座標を指定します。

y1

(論理単位) の外接する四角形の左上隅の y 座標を指定します。

x 2

(論理単位) 外接する四角形の右下隅の x 座標を指定します。

y2

(論理単位) 外接する四角形の右下隅の y 座標を指定します。

x 3

円弧を定義する point の x 座標の開始点 (論理単位) を指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

y3

円弧、ポイントの y 座標の開始点 (論理単位) を指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

x 4

円弧のエンドポイント (論理単位) を定義する point の x 座標を指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

y4

円弧の終点 (論理単位) ポイントの y 座標を指定します。このポイントは、まさに円弧上する必要はありません。

lpRect

四角 (論理単位) を指定します。RECTデータ構造体またはCRectオブジェクトをこのパラメーターへのポインターのいずれかを渡すことができます。

ptStart

円弧を定義する point の x 座標と y 座標の開始点 (論理単位) を指定します。この点は、正確に円弧のうそはありません。POINTデータ構造体またはCPointオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

ptEnd

(論理単位) で円弧の終点を定義する point の x 座標と y 座標を指定します。この点は、正確に円弧のうそはありません。POINTデータ構造体またはCPointオブジェクトのこのパラメーターを渡すことができます。

解説

楕円の円弧を描画します。現在位置が更新されることを除いて、この関数はCDC::Arcに、似ています。点 (x1,y1) と (x 2,y2) に外接する四角形を指定します。外接する四角形によって形成される楕円円弧の曲線を定義します。円弧は反時計回りには、外接する四角形の中心から (x 3y3) 半径の直線が接するポイントから (既定の円弧の方向) を拡張します。外接する四角形の中心から放射状の行 (x 4,y4) に接するアーク終了。開始点と終了点が同じ場合は、完全な楕円が描画されます。

現在位置から円弧の開始点を線です。エラーが発生しない場合は、現在の位置は円弧の終了点に設定されます。円弧は、現在のペンを使って描画されます;それは塗りつぶされません。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::AngleArcCDC::ArcCDC::SetArcDirection :: ArcTo(&N)

Index