CDC::AngleArc

BOOL AngleArc ( int x, int y, int nRadius, フロート fStartAngle, フロート fSweepAngle );

戻り値

成功した場合は 0 だ。そうでなければ 0。

パラメーター

x

円の中心の論理 x 座標を指定します。

y

円の中心の論理 y 座標を指定します。

nRadius

円の半径を論理単位で指定します。この値は正でなければなりません。

fStartAngle

開始角度度、x 軸を基準に指定します。

fSweepAngle

度開始角度の基準に掃引角度を指定します。

解説

線分と円弧を描画します。線分は現在位置から円弧の始点に描画されます。円弧は、特定の半径と中心の円の境界に沿って描画されます。円弧の長さは、特定の開始とスイープ角度によって定義されています。

AngleArcの現在の位置は円弧の終了点に移動します。この関数で描画される円弧は、現在の変換、マッピング モードに応じて楕円形、するが表示されます。円弧を描画する前に、この関数、線分を現在の位置から円弧の始点に描画します。円弧は、虚数半径円を指定指定した中心点の周りを構築することによって描画されます。円弧の開始点では、開始角度度の数によっては、円の x 軸から反時計回りに測定が決定されます。スイープ角度度の数によって、開始点から反時計回りに測定終了点は同様にあります。

スイープ角度が 360 度よりも大きい場合、円弧複数回掃引します。この関数は、現在のペンを使用して線を描画します。図形は塗りつぶされません。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::ArcCDC::ArcToCDC::MoveTo :: AngleArc(&N)

Index