CDC::AbortDoc

int AbortDoc ( );

戻り値

成功の場合は、0 以上の値または負の値場合は、エラーが発生しました。一般的なエラー値とその意味を次の一覧を示します:

解説

現在の印刷ジョブを終了し、アプリケーションをデバイスにStartDocメンバー関数の最後の呼び出し以降に執筆しているすべてを消去。

このメンバー関数ABORTDOCプリンター エスケープを置き換えられます。

AbortDoc次終了するために使用する必要があります。:

アプリケーションが印刷エラーや印刷操作のキャンセルが発生した場合は、 CDCクラスのEndDocまたはAbortDocメンバー関数を使用して、操作を終了できません。GDI は自動的にエラー値を返す前に、操作を終了します。

アプリケーション、印刷操作をキャンセルするユーザーを許可するダイアログ ボックスが表示された場合は、それAbortDoc ] ダイアログ ボックスを破棄する前に呼び出す必要があります。

プリント マネージャー、印刷ジョブの開始に使用された場合は、 AbortDocを呼び出すと、全体のスプール ジョブに消去 ? プリンターを何も受信します。プリント マネージャー、印刷ジョブを起動に使用しなかった場合は、 AbortDocを呼び出す前にデータをプリンターに送信されている可能性があります。このケースでは、プリンター ドライバー (可能な場合)、プリンターをリセットし、印刷ジョブを終了。

CDC の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDC::StartDocCDC::EndDocCDC::SetAbortProc(&N)

Index