CDateTimeCtrl::SetMonthCalFont

void SetMonthCalFont (HFONT hFont、BOOL bRedraw = TRUE);

パラメーター

hFont

設定されるフォントへのハンドルします。

bRedraw

再コントロールすぐにフォントを設定するのに描画するかどうかを指定します。このパラメーターがTRUEに設定がコントロール自体を再描画するには。

解説

このメンバー関数を実装する Win32 メッセージの動作は プラットフォーム SDKで説明されている、 DTM_SETMCFONT、。

//コード例を次に示します、フォント作成・ ・ (Arial、10 ピクセル)、成功の場合は、//m_pMonthFont の結果を格納します。SetMonthCalFont//[呼び出されます、新しいフォントを渡す、原因//月カレンダー コントロールをすべて表示するには//テキストと日付を Arial フォントにします。BOOL CYourDialog::OnInitDialog(){CDialog::OnInitDialog();//... 他のコードをここで.//initializing、LOGFONT の必要なメンバー・ ・構造m_pMonthFont 新しい CFont; =LOGFONT lf;memset (アンプ、lf、0、sizeof(lf));lf.lfHeight = 10;strcpy (lf.lfFaceName、"Arial");場合 (m_pMonthFont - > CreateFontIndirect(&lf)){//成功の場合は、月をつかむカレンダー コントロールから//私たちダイアログし、フォントの設定CMonthCalCtrl ※ pCtrl (CMonthCalCtrl ※ GetDlgItem(IDC_DATETIME1); =ASSERT (pCtrl! = NULL);pCtrl - > SetMonthCalFont(m_pMonthFont);}他{・成功していない、きれいなフォント ポインターを場合と/NULL に等しいセットm_pMonthFont を削除;m_pMonthFont = NULL;}//... 他のコードをここで.}CYourDialog::CYourDialog (CWnd ※ pParent/※ NULL ※ =/): CDialog(CYourDialog::IDD, pParent){//... 他のコードをここで.m_pMonthFont = NULL;//... 他のコードをここで.}CYourDialog::~CYourDialog(){//... 他のコードをここで.m_pMonthFont を削除;//... 他のコードをここで.}

特価;このコードを使用する場合は、 CDialogのメンバーにする必要があります-と呼ばれるクラスを派生 m_pMonthFontCFont ※(&N)。

CDateTimeCtrl の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDateTimeCtrl::GetMonthCalFont(&N)

Index