CDateTimeCtrl::GetTime

BOOL GetTime (COleDateTimeamp;timeDest) const;(&A)

DWORD GetTime (CTimeamp;timeDest) const;(&A)

DWORD GetTime (LPSYSTEMTIME pTimeDest ) const;

戻り値

最初のバージョンでは、時間が、 COleDateTimeオブジェクトを正常に書かれている場合は 0 以外;それ以外の場合は 0 です。2 番目と 3 番目のバージョンでは、 DWORDdwFlagメンバーに等しい設定、 NMDATETIMECHANGEの構造。詳細については、以下の備考部分を参照してください。

パラメーター

timeDest

最初のバージョンでは、システム時刻情報を受け取る、 COleDateTimeオブジェクトへの参照。2 番目のバージョンでは、システム時刻情報を受け取るCTimeオブジェクトへの参照。

pTimeDest

ポインター、 、システム時刻情報を受信するSYSTEMTIME構造体。NULLにすることはできません。

解説

このメンバー関数を実装する Win32 メッセージの動作は プラットフォーム SDKで説明されている、 DTM_GETSYSTEMTIME、。

MFC の実装ではGetTimeCOleDateTimeまたはCTimeクラスを使用することができます。 または、 SYSTEMTIME構造体を使用して時刻情報を格納することができます。

戻り値のDWORDを 2 番目と 3 番目のバージョンでは、上記、「日付なし」状態日付と時刻の選択コントロールが設定されているかどうかを示します、 NMDATETIMECHANGE構造メンバー dwFlags。返される値がGDT_NONEと等しい場合、コントロールは「日付なし」状態に設定されている、 DTS_SHOWNONEスタイルを使用して。GDT_VALID返される値に等しい場合は、システム時刻が正常に先に格納されます。

CDateTimeCtrl の概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDateTimeCtrl::SetTime(&N)

Index