CDataExchange::PrepareCtrl

HWND PrepareCtrl (int nIDC);
(CNotSupportedException) をスローします。;

戻り値

HWNDコントロールの DDX または DDV の準備中。

パラメーター

nIDC

ID コントロールの DDX または DDV を準備するには。

解説

フレームワークは、ダイアログ データ エクス (チェンジ DDX) およびバリデーション (DDV) の指定したコントロールを準備するにはこのメンバー関数を呼び出します。正当性チェックをは、エディット コントロールの代わりに使用して;このメンバー関数を他のすべてのコントロールを使用します。

コントロールのHWNDCDataExchangeクラスに格納するのに準備で構成されます。フレームワークはこのハンドルを使用して、DDX または DDV 障害のイベントで以前にフォーカスがあるコントロールにフォーカスを復元するには。

カスタムの DDX または DDV ルーチンのPrepareCtrlを DDX を介してデータを交換または DDV 経由でデータを検証するすべての非エディット コントロールを呼び出す必要があります。

独自の DDX および DDV ルーチンの記述の詳細については、テクニカル ノート 26を参照してください。DDX と DDV の概要についてを参照してください ダイアログ データの交換と検証 ] ダイアログ ボックスのトピック Visual の C++ プログラマのガイド

CDataExchange 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDataExchange::Fail(&N)

Index