CDatabase::SetQueryTimeout

void SetQueryTimeout ( DWORD dwSeconds );

パラメーター

dwSeconds

タイムアウトはクエリの試行前に許可する秒数。

解説

既定の後続の操作に接続されているデータ ソースのタイムアウトする前に許可する秒数を上書きするにはこのメンバー関数を呼び出します。操作では、時間外にネットワーク アクセスの問題、過剰なクエリ処理時間による可能性があります。SetQueryTimeoutは、レコード セットを開く前に、またはクエリのタイムアウト値を変更する場合は、レコード セットのAddNew更新または削除するメンバー関数を呼び出す前に呼び出します。すべて以降のオープンAddNewUpdate、および削除呼び出しのこのCDatabaseオブジェクトに関連付けられたすべてのレコード セットに設定します。開封後、レコード セットのクエリのタイムアウト値を変更しても、レコード セットの値は変更されません。たとえば、その後移動操作では、新しい値は使用しないでください。

クエリ タイムアウトの既定値は 15 秒です。すべてのデータ ソース、クエリ タイムアウト値を設定する機能をサポートします。0 のクエリ タイムアウト値を設定すると、タイムアウトは発生しません。データ ソースとの通信がハングします。この現象は開発時に役に立ちます。データ ソースがタイムアウトをサポートしていない場合は、トレース出力がない例外を取得します。

CDatabase 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDatabase::SetLoginTimeout(&N)

Index