:Openex

仮想 BOOL OpenEx (LPCTSTR lpszConnectString、DWORD dwOptions = 0 );
(CDBException、CMemoryException) を投げます。

戻り値

接続が正常に確立されるそれ以外の場合、ユーザーが選択した場合は 0 を接続の詳細を確認するダイアログ ボックスを表示するときをキャンセルします。他のすべてのケースでは、フレームワークが例外をスローします。

パラメーター

lpszConnectString

ODBC 接続文字列を指定します。これには、データ ソース名だけでなく、他のオプションについては、ユーザー ID やパスワードなどが含まれます。たとえば、"DSN = SQLServer_Source;UID = SA;PWD = abc123」可能な接続文字列です。LpszConnectStringNULLを渡す場合は、データ ソース ダイアログ ボックスは、データ ソースを選択するには、ユーザーを促すメモ。

dwOptions

次の値の組み合わせを指定するビットマスクです。既定値は 0 です共有書き込みアクセスで、ODBC カーソル ライブラリ DLL は読み込まれませんとのみがない場合、接続を作成するには、十分な情報に [ODBC 接続] ダイアログ ボックスが表示されます、データベースとして開かれることを意味。

解説

新しく作成されたCDatabaseオブジェクトを初期化します。それを使用すると、レコード セット オブジェクトを構築する前に、データベース オブジェクトを初期化する必要があります。

LpszConnectStringパラメーター、 OpenEx呼び出しで、接続するには、十分な情報がない場合は、ODBC ドライバーは、 dwOptionsパラメータでCDatabase::noOdbcDialogまたはCDatabase::forceOdbcDialogを設定していない場合、ユーザーからは、必要な情報を入手するには、ダイアログ ボックスを開きます。OpenExを呼び出すと、接続文字列をlpszConnectString、個人、 CDatabaseオブジェクトに格納されているし、 GetConnectメンバー関数を呼び出すことによって利用可能です。

ご希望の場合は、パスワードなどのユーザーから情報を取得するには、 OpenExを呼び出すし、その情報をOpenExに渡される接続文字列に追加する前に、独自のダイアログ ボックスを開くことができます。または、それアプリケーションOpenEx CDatabaseオブジェクトを呼び出す次の時間を再利用できるように接続文字列を保存したいのです。

ログイン認証ごとに別のCDatabaseオブジェクト) の複数のレベルの接続文字列を使用することもことができますまたは他のデータ ソース固有の情報を伝えるために。詳細については文字列を接続、章 5、 ODBC SDK programmer's Referenceを参照してください。

たとえば、DBMS のホストが表示されない場合は、接続の試行がタイムアウトを可能です。接続の試行が失敗した場合は、 OpenEx CDBException をスローします。

・ CDatabase オブジェクトを埋め込む//ドキュメント クラスCDatabase m_dbCust;//オブジェクトに接続、//読み取り専用のデータ ソースが//[ODBC 接続] ダイアログ ボックス//常に隠されたままm_dbCust.OpenEx (_T ("DSN = MYDATASOURCE;UID = JOES」)、特価;CDatabase::openReadOnly |CDatabase::noOdbcDialog)(&N)

CDatabase 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;Cdatabase::openCDatabase::CDatabaseCDatabase::CloseCDBExceptionCRecordset::Open(&N)

Index