CDatabase::GetBookmarkPersistence

DWORD GetBookmarkPersistence (const);

戻り値

レコード セット オブジェクトでブックマークを保存操作を識別するビットマスクです。詳細については、「解説」を参照してください。

解説

ブックマークが永続化、レコード セット オブジェクトで特定の操作の後を決定するにはこのメンバー関数を呼び出します。CRecordset::GetBookmarkを呼び出す:requeryを呼び出す場合は、たとえば、 GetBookmarkから取得したブックマークは無効に可能性があります。CRecordset::SetBookmarkを呼び出す前にGetBookmarkPersistenceを呼び出す必要があります。

次の表のGetBookmarkPersistenceの戻り値は組み合わせることができます、ビットマスク値。

ビットマスク値 ブックマークの永続性
SQL_BP_CLOSE ブックマーク再クエリの操作の後は有効です。
SQL_BP_DELETE 行のブックマークは、行の削除操作の後有効です。
SQL_BP_DROP ブックマークを閉じる操作の後は有効です。
SQL_BP_SCROLL ブックマーク移動操作後は有効です。ブックマークは、レコード セットには、サポートされている場合これだけCRecordset::CanBookmarkによって返される識別します。
SQL_BP_TRANSACTION トランザクションがコミットまたはロールバック後にブックマークが有効です。
SQL_BP_UPDATE 行のブックマークは、行の更新操作後に有効です。
SQL_BP_OTHER_HSTMT 1 つのレコード セット オブジェクトに関連付けられたブックマークは、2 つ目のレコード セットに有効です。

この戻り値の詳細については、ODBC API 関数SQLGetInfo ODBC SDK programmer's Referenceを参照してください。ブックマークの詳細については、参照してください レコード セット: ブックマークと絶対位置 (ODBC)Visual の C++ プログラマのガイド

CDatabase 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CRecordsetCRecordset::CanBookmarkCRecordset::GetBookmarkCRecordset::SetBookmark(&N)

Index