CDaoWorkspace::SetLoginTimeout

静的 void パスカル SetLoginTimeout (短い nSeconds );
throw (CDaoException, CMemoryException);

パラメーター

nSeconds

ODBC データベースにログインしようとするとエラーが発生するまでの秒数。

解説

ワークスペースの DAO LoginTimeout プロパティの値を設定するにはこのメンバー関数を呼び出します。この値には、ODBC データベースにログインしようとするとエラーが発生するまでの秒数を表します。LoginTimeout デフォルトは 20 秒です。LoginTimeout が 0 に設定されている場合は、タイムアウトは発生しません、データ ソースとの通信をハング可能性があります。

Microsoft SQL Server などの ODBC データベースにログインする際の結果として、ネットワーク エラー、接続に失敗、またはサーバーが実行されていないため。既定値は 20 秒接続を待たず、エラーを生成する前に、データベース エンジンを待機する時間を指定できます。サーバーへのログインは、外部サーバーのデータベースにクエリを実行するなど、別のイベント数の一部として暗黙的に行われます。LoginTimeout プロパティの現在の設定でタイムアウト値が決定されます。

ワークスペースの詳細情報を参照してください DAO ワークスペース。DAO による ODBC データ ソースの操作については、参照してください DAO 外部: 外部データ ソースでの作業。両方の記事Visual の C++ プログラマのガイドであります。関連情報については、DAO ヘルプの「LoginTimeout プロパティ」のトピックを参照してください。

CDaoWorkspace 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

参照特価;CDaoWorkspace::GetLoginTimeout(&N)

Index