CDaoWorkspace::SetIniPath

静的 void パスカル SetIniPath (LPCTSTR lpszRegistrySubkey );
throw (CDaoException, CMemoryException);

パラメーター

lpszRegistrySubkey

Microsoft Jet データベース エンジンの設定またはインストール可能な ISAM データベースに必要なパラメーターの場所は Windows レジストリ サブキーの名前を含む文字列。

解説

Microsoft Jet データベース エンジンの Windows レジストリ設定の場所を指定するにはこのメンバー関数を呼び出します。特別な設定を指定する場合にのみSetIniPathを呼び出します。詳細については、DAO ヘルプの「IniPath プロパティ」のトピックを参照してください。

重要特価;ないアプリケーションを実行するとアプリケーションのインストール時に、 SetIniPathを呼び出します。任意のワークスペースやデータベース、レコード セットを開く前に、 SetIniPathを呼び出す必要があります。それ以外の場合、MFC は例外をスローします。(&N)。

データベース エンジンのユーザーのレジストリ設定を構成するのにには、このメカニズムを使用できます。この属性のスコープで、アプリケーションに限定され、アプリケーションを再起動せずに変更することはできません。

ワークスペースの詳細情報を参照してください DAO ワークスペースVisual の C++ プログラマのガイド

CDaoWorkspace 概要|nbsp;クラス メンバー |階層図(&N)

Index